先輩社員の声 Mさん

独自の技術と豊富な製品群で、日本のモノづくりを根底で支えています。
それぞれの部署で活躍する社員を紹介します!

Eさん研究開発本部 技術研究所 第一研究室
分子物質化学専攻了
2018年入社

界面活性剤は石鹸やシャンプー、建築物の外壁塗料、印刷用インキ、農薬などに活用されています。このほか、工場で使用する機械洗浄用にも幅広く使われています。

試行錯誤を重ねながら、狙った性能を実現。
完成させた時の喜びは、格別なものがあります

学生時代は、有機合成化学をメインに研究していました。就職活動でも、合成ができるメーカーを中心に受けていたのですが、その事業内容の面白さと、関東圏で働きたいという希望に合っていたことから、当社で働くことを決めました。

私の仕事は、主力製品の1つである界面活性剤の開発です。各種業界の課題やお客さまの要望に応える研究開発をしていきます。
そのためには、お客さまがどの程度の性能を求めているのかを、しっかり把握しなければなりません。開発にあたっては、お客さまサイドの技術者とも詳細にやり取りしながら、狙った性能が出せるよう工夫を重ねていきます。
また、こうして個別のお客さま向けに開発した界面活性剤について、その基礎的な分析資料を作成する業務もあります。さらに、そこから発展して新しい特徴を備えた界面活性剤の開発を目指す応用研究もまた、私の守備範囲となっています。

入社2年目ですが、ニーズに応じたさまざまな界面活性剤の開発に携わってきました。最も印象深かったのは、とある塗料会社向け顔料分散剤の開発案件です。何度も合成を繰り返しながらも、なかなかニーズを満たしたものを作り上げることができなかったのですが、粘り強く取り組みつづけました。一度に数個のサンプルを提出し、お客さまのもとで試験をしていただき、その結果についてレビューしていただきます。そこでさらなる要望が出てきた場合は、また新たな試作品を作り出さなければなりません。2年近くにわたりこの案件を担当しましたが、満足できる製品を作り上げることができた時は、本当にうれしかったですね。

今後、更に経験を積んで、さまざまな要望に応えられる製品を開発していきたいと思います。当社を代表するようなヒット製品を作り出すのが夢です。

こんな人と働きたい!

やはり、自分の意見をしっかり言うことができる人は、一緒に働いていて面白いですね。研究者は考察しアイディアを出すというプロセスを重ねながら、次々に新しいものを作っていきます。そして、その時々において自分がどう考えているのかを周囲に発信することは、とても大切なことなのです。他の人と話すことで新たな見方にふれ、そこから新しいアイディアが生まれることも少なくないわけです。

ページトップ