先輩社員の声 Mさん

独自の技術と豊富な製品群で、日本のモノづくりを根底で支えています。
それぞれの部署で活躍する社員を紹介します!

Mさん研究開発本部技術研究所 第一研究室
工学研究科修了
2011年⼊社

知的好奇心が強く、自分の研究テーマに打ち込むタイプの人が多くて刺激になります。私自身、界面活性剤に対して学生の時とは違った興味が出てきました。

思う存分研究に打ち込める環境をいかして、
地球にも人にも優しい界面活性剤を開発したい!

大学院で界面活性剤を用いた研究をしていたので、専門知識をいかした研究開発の仕事がしたいと思っていました。当社の会社説明会で研究所を見学した際、研究部門の人がいきいきと仕事をしている姿を見て、是非この会社で働きたいと思いました。

私が所属する第一研究室は、様々な分野で使用される界面活性剤の研究を行っています。私は洗浄剤や塗料に使う界面活性剤の研究に携わっており、お客さまのニーズに合わせた特性の変更や新しい界面活性剤の開発を行っています。

この仕事で大切なのは、お客さまとしっかりコミュニケーションをとること。以前あるテーマを手掛けた際に、お客さまの本当のニーズを掴むことができず、開発が難航したことがありました。そこで、先方の要望をじっくり聞き出したところ、解決につながる物性と適切な評価条件を見出すことができました。有効性を示す新処方のデータが得られ、これを「見える化」して提案したことで、お客さまの研究がスムーズに進み、新たな製品の開発に結び付けることができました。現在当社の研究員は、早い段階からお客さまとの打ち合わせに参加することも多く、他社の開発部門の方と良好な関係を築いております。

また当社は研究員が主体的に仕事に取り組める会社です。目標達成に向けて、自由な発想、様々なアプローチで研究に取り組めるので、研究が好きな人にぴったりな会社だと思います。人にも環境にも優しい化学品のニーズは益々高まっておりますので、界面活性剤の有用な機能を残しつつ、自然にも配慮した当社独自の製品を開発したいと思っています。

こんな人と働きたい!

「自分で問題を解決しようという好奇心がある人!」

間違ってもいいので、まずは自分でいろいろとチャレンジし、考える癖をつけてほしいです。質問することも大切ですが、研究者は「なぜ?」を突き詰めていく仕事。まずは自分でとことん考えてみて、それでも分からなければ聞いてみる。それが大きく成長し、応用力を身に付けることに繋がります。

ページトップ