レスポンシブル・ケア(RC)

RC基本方針

経営理念、経営方針および企業倫理憲章の実践のために、環境保護に寄与する技術、製品を提供し、社会に貢献することを当社の重要な経営施策と位置づけるとともに、「持続可能な開発」(Sustainable Development)という原則のもとに、地球環境での環境保全に調和されるよう配慮することを基本とし、環境・安全・品質に関し、以下のことを最優先事項として取り組む。

  1. 製品の開発から廃棄に至るまでの全ライフサイクルにわたって、環境負荷への配慮と環境保護に努める。
  2. 無事故・無災害を目指し、従業員と社会の安全の確保に努める。
  3. 原料、中間品、製品など取り扱う化学物質の安全性を確認し、従業員、物流関係者、お客様など関係する人々への健康に配慮する。
  4. お客様が、満足し信頼する品質の製品とサービスを安定的に供給する。
  5. 法律・基準を遵守するとともに、自主的取り組みの推進により、環境・安全・健康・品質の更なる向上に努める。

全体保安教育

輸送途上事故対策会議

安全・環境・品質保証

<安全理念>

安全はすべての活動に優先する

当社は、安全理念のもと、労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS)に基づく「労働安全衛生方針」を定め、安全優先の風土強化を継続しています。

<環境理念>

私たちは、社会の重要な一員として「地球環境の保全に積極的に貢献していくことは、
企業の基本的責務である」との認識の下にその事業活動を展開し、社会の発展に貢献する。

<環境方針>

  1. 地球環境保全への取り組みを最重要課題の一つとして位置づけ、企業活動を展開する。
  2. 環境保全に関する各種法令・条例・協定などに基づく規制を順守すると供に、各種の環境負の低減に関し、具体的な目的・目標を定めて、その達成に努める。
  3. 環境管理のための体制やシステムを整備し、その運営の継続的な改善と汚染の予防に努める。
  4. 環境負荷のより少ない製品・技術・サービスの開発と社会への提供に努める。
  5. 環境方針を達成するため文書化し、実行・維持し全従業員(構内協力会社を含む)に周知させる。
  6. この環境方針は、外部からの要請に応じて、開示する。

当社は、工場の環境保全活動の具体的な目標を設定し、確実に実施するため、2003年に環境マネジメントシステムを構築し、ISO14001認証を、2003年に川崎工場で取得しました。その後、2011年に鹿島工場が取得し、継続的改善に努めています。

<品質方針>

トップマネジメントは品質方針を次の通り定め、要求事項への適合及び品質マネジメントシステムの有効性の継続的な改善を図るものとする。

  1. (1)お客様に信頼と満足をいただける製品を提供する
  2. (2)生産プロセスの継続的な改善を進め、品質の安定を目指す。

当社は、工場の品質保証活動を効果的に行ない、お客様の満足度向上を図るため、1997年に品質マネジメントシステムを構築しました。ISO9001認証を、1998年に川崎工場、2001年に鹿島工場が取得し、継続的改善に努めています。

千鳥地区共同防災隊との合同防災訓練

川崎工場タンクヤード

鹿島工場タンクヤード

ページトップ