2022年01月13日
新機能性材料展2022(リアル展) 出展のお知らせ

当社は「新機能性材料展2022」に下記品目を出展いたします。

ご来場の際は、ぜひ当社ブースにお立ち寄りください。

【展示会名】 新機能性材料展2022(コンバーティングテクノロジー総合展内)
公式ウェブサイトURL:https://www.convertechexpo.com/index.html
【 会場 】 東京ビッグサイト 東ホール 小間番号 6M-08
【開催期間】 2022年1月26日(水)~1月28日(金)
【来場登録】 無料の来場登録が必要になります。

詳しくは上記公式ウェブサイトのご案内をご確認ください。

【出展品目】

◆カスタマイズ型工業用洗浄剤 ミネマルシリーズ
◆セルロース溶解用イオン液体(開発品)
◆低金属グレード 電子材料用溶剤(開発品)
◆導電助剤(開発品)
◆添加型密着性向上剤(開発品)
◆グライム系造膜助剤(開発品)
◆超親水性付与剤(開発品)
◆植物由来添加剤 バイオマスリキッド (開発品)
◆帯電防止剤 アミノイオンASシリーズ【イオン液体】(開発品)
◆「乳化剤の選定」ご依頼承ります!

皆様のご来場をお待ちしております。

なお、新機能性材料展2022(オンライン展)は、引き続き開催中です。

【開催期間】 2022年2月28日(月)まで
URL: https://unifiedsearch.jcdbizmatch.jp/nanotech2022/jp/convertech/details/IlJvcESuazw

【当社お問い合わせ】 企画開発部 TEL 03-5651-5635

2021年11月26日
新機能性材料展2022 オンライン展 出展のお知らせ

当社は、新機能性材料展2022(オンライン展示)に出展いたします。

ぜひご覧ください。

【展示会名】 新機能性材料展2022(コンバーティングテクノロジー総合展内) オンライン展
【開催期間】 2021年11月26日(金)~2022年2月28日(月)
【展示会サイト】
展示会 公式ウェブサイトURL:https://www.convertechexpo.com/index.html
当社オンライン展示URL: https://unifiedsearch.jcdbizmatch.jp/nanotech2022/jp/convertech/details/IlJvcESuazw

【来場登録】オンライン展示の閲覧には、無料の来場登録が必要になります。
詳しくは上記公式ウェブサイトのご案内をご確認ください。

【出展品目】
◆カスタマイズ型工業用洗浄剤 ミネマルシリーズ
◆セルロース溶解用イオン液体(開発品)
◆低金属グレード 電子材料用溶剤(開発品)
◆導電助剤(開発品)
◆添加型密着性向上剤(開発品)
◆グライム系造膜助剤(開発品)
◆超親水性付与剤(開発品)
◆帯電防止剤 アミノイオンASシリーズ【イオン液体】(開発品)
◆「乳化剤の選定」ご依頼承ります!

なお、2022年1月26日(水)~28(金)に東京ビッグサイトにて開催される同展示会(リアル展)にも出展予定です。皆様のご来場をお待ちしております。

【当社お問い合わせ】 企画開発部 TEL 03-5651-5635

2021年10月29日
当社が参画する研究開発テーマが、JST「共創の場形成支援プログラム」に採択されました。

国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)「共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)」において、当社が参画するプロジェクト「再生可能多糖類植物由来プラスチックによる資源循環社会共創拠点」が、令和3年度「共創分野(本格型)」の新規プロジェクトとして採択されました。

JST「共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)」は、大学などを中心として、企業や地方自治体・市民などの多様なステークホルダーを巻き込んだ産学官共創により、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に基づく未来のありたい社会像を拠点ビジョンとして掲げ、その達成に向けた研究開発と産学官共創システムの構築を一体的に推進していくものです。今年度は、「共創分野(本格型)」に18件の応募があり、そのうち2件が採択されております。

当プロジェクトは、国立大学法人 金沢大学 髙橋憲司教授をプロジェクトリーダーとして、現在の化石資源依存社会から生じる様々な問題を解決するために、化石資源に依存しない新たなバイオファイナリー生産技術の確立を目指すものであります。

当社は、当プロジェクトのキーマテリアルであるイオン液体の供給や、工業生産・リサイクル技術確立の面から持続可能性材料を作り出す技術基盤の確立を目指していきます。

※詳細はJSTホームページの『共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)令和3年度新規採択プロジェクトについて』をご参照下さい。

https://www.jst.go.jp/pr/info/info1528/index.html

2020年12月07日
第30回日本MRS年次大会にて、当社の乳化剤および乳化技術にて協力している研究について、成果の一部を発表します。

【第30回日本MRS年次大会】

主催:日本MRS
日程:2020年12月9日(水)- 11日(金) オンライン開催

https://www.mrs-j.org/meeting2020/jp/

総合テーマ:マテリアルズイノベーションによる新価値創造から持続可能な会社の実現にむけて

セクション:H-2エコものづくりセクション

発表日時:2020年 12月 11日(金) 10:10~11:00(発表番号:H-P11-006)

発表タイトル:エマルジョン燃料の実用化に関する研究(Research on the Practical Use of Emulsified Fuel)

関橋 一弘1)、塚原 安雅1)、金滝 光太郎2)、岡部 敏弘3)
(1)トヨタカローラ八戸株式会社、2)日本乳化剤株式会社、3)神奈川大学)

2020年02月12日
【研究開発・技術情報】に、新たに低金属化及び低臭気化技術の紹介ページを公開しました。

【低金属化】及び【低臭気化】はそれぞれ半導体製造分野とトイレタリー業界から近年ニーズが高まっています。

【低金属化】は微細化が進む半導体製造分野において重要なニーズとなっています。当社では最新のICP-MS/MSを導入することでpptレベルの分析を可能にしており、最先端の半導体製造に貢献する製品を生産しています。

【低臭気化】はトイレタリー業界において、香料の低減や消費者のニーズに対応するため、臭気原因物質を低減する技術です。

 

これらの当社関連技術を紹介するページを新たに公開致しました。

https://www.nipponnyukazai.co.jp/rd/tracemetals

https://www.nipponnyukazai.co.jp/rd/lessodor

2019年11月11日
第10回イオン液体討論会にて研究成果を発表します。

「第10回イオン液体討論会」にて、当社と東京工業大学 物質理工学院・材料系 大内幸雄教授の研究グループによる共同研究成果をポスター発表します。発表内容は、高分子材料にイオン性ユニットを導入した際の帯電防止性・親水性効果の発現について、表面状態をX 線光電子分光法(XPS)や原子間力顕微鏡(AFM)を用いて解析したものです。

【第10回イオン液体討論会】

主催:イオン液体研究会

日程:2019年11月21日(木)~22日(金)

会場:大阪大学会館(大阪大学豊中キャンパス内)

http://www.ilra.jp/10th_jsil/

発表番号:2P10

発表タイトル:イオン性ユニットを含むアクリル共重合体の帯電防止機能及び表面状態に関する研究

当社は、これまでに独自設計したハロゲンフリー型イオン液体(アミノイオン®)を開発しています。引き続き、帯電防止機能をはじめとする特長のあるイオン液体を追究し、新たな用途開発を目指します。

2019年11月05日
第60回 電池討論会にて研究成果を発表します。

「第60回 電池討論会」にて、当社と横浜国立大学大学院 工学研究院 渡邉正義教授の研究グループによる共同研究成果を発表します。発表内容は、3-メトキシプロピオン酸メチル(当社製品名:M3MP)を溶媒に用いてリチウム塩を高濃度化した電解液について、基礎物性と電池特性を評価したものです。ぜひご来場ください。

【第60回 電池討論会】
主催::公益社団法人 電気化学会 電池技術委員会
日程:2019年 11月13日(水)~15日(金)
会場:国立京都国際会館
http://www.denchi60.org/

[LIB電解液] G会場
2019年11月13日(水) 16:20 ~ 16:40
発表番号:1G23
発表タイトル:3-メトキシプロピオン酸メチルを用いた電解液の特性評価

当社は、M3MPやジアルキルグリコールエーテル(グライム類)などの製品用途開発において、電池材料・電解液グレードの開発を進めています。引き続き、新たな用途開発を目指します。

2019年06月10日
分析装置 Agilent 8900トリプル四重極ICP-MSを導入しました。

極微量濃度の元素を分析することができる装置 Agilent Technologies社製 Agilent 8900トリプル四重極ICP-MS をR&Dセンター内クリーンルームに導入しました。

当社では独自の精製技術により、低金属管理グレードのグリコールエーテルを生産しております。本分析装置導入によりpptレベルでの分析精度の更なる向上をはかり、引き続きお客様のご要望にお応えできる低金属管理グレード品の研究開発に注力していきます。

2019年03月05日
公益社団法人日本化学会 第99春季年会(2019)にて研究成果を発表します。

「日本化学会 第99春季年会(2019)」にて、当社と東京工業大学 物質理工学院・材料系 大内幸雄教授の研究グループによる共同研究成果を発表します。発表内容は、高分子材料にイオン液体を添加した際の帯電防止効果を確認し、表面状態をX 線光電子分光法(XPS)を用いて解析したものです。

【日本化学会 第99春季年会(2019)】

主催:公益社団法人日本化学会
日程:2019年 3月16日(土)~19日(火)
会場:甲南大学 岡本キャンパス

http://www.csj.jp/nenkai/99haru/index.html

[高分子]B2会場 2号館222教室

2019年3月17日(日) 17:00 ~ 17:40

発表番号:2B2-52

発表タイトル:X線光電子分光を用いたイオン液体添加高分子材料の帯電防止機能及び表面状態に関する研究 

当社は、ハロゲンフリー型イオン液体(アミノイオン®)を独自設計し、帯電防止機能をはじめとする特徴ある製品開発を進めて参りました。今後さらなる特徴を追求し、当社独自技術によるハイクオリティ/オンリーワン製品の開発を目指します。

2018年12月27日
新機能性材料展2019 出展のお知らせ

日本乳化剤株式会社は、新機能性材料展2019に出展します。

新機能性材料展2019は、”新しい”付加価値を創造する機能性マテリアルの総合展です。
グループ会社の株式会社日本触媒のブース内にて、パネル説明およびサンプル展示、口頭プレゼンテーションを行います。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

【展示会名】 新機能性材料展2019(コンバーティングテクノロジー総合展2019内)
【開催期間】     2019年1月30日(水)~ 2月1日(金)10:00~17:00
【場所】          東京ビッグサイト東ホール
【小間番号】     2F-13 (東2ホール) 株式会社日本触媒ブース内
【共同出展社】  株式会社日本触媒
【オフィシャルサイト】 http://convertechexpo.com/index.html

展示会入場料は3,000円ですが、ウェブサイトで事前来場登録された方は入場無料となります。
詳しくはオフィシャルサイトのご案内をご確認ください。

【出展品目】

<日本乳化剤株式会社>
・反応性活性剤 アミノイオン REシリーズ(開発品)
・“特殊Grade”グリコールエーテル 金属管理品 低臭品

<株式会社日本触媒>
・ポリエチレンイミン(ポリカチオン系ハイパーブランチポリマー)および誘導体
・生体適合性コーティング & ハイドロゲル(開発品)
・環化重合性モノマー AOMA®
・iOLED®フィルム光源
・酸化グラフェン (開発品)
・金属密着性耐熱コーティング材料(開発品)
・低温硬化性モノマー メチレンマロネート類(開発品)